Hi, there. Glasgow

Study in Scotland

めおとのグルメ。グラスゴーの美味しいお店 ~いま最もアツいストリート、Finnieston~

どうもリックです。

今日はグラスゴーの美味しいカフェをご紹介します。

 

いま、もっともアツいストリート

 

・・・と、またキャッチーに銘打ってみたものの、また聞きなので真偽のほどは定かではないが、いま、グラスゴーでもっともアツいと言われている地区が、グラスゴー大学のあるウェストエンド、ちょっとシティセンター寄りのフェニンストン(Finnienston)だ。

 

我が家の近くでもあるが、たしかに、昨年9月に越してきたときはなかったお店、特にカフェやバー、美容院など、おしゃれなお店が加速度的に増えている。もとはちょっとラフだったエリアだが、再開発の恩恵なのか、若者が起業する小さいお店が続々と立ち並んでいる感じグラスゴー大学を卒業して就職できなかったら、ここでラーメン屋を開こうかと思っている。

 

 

我が家からするとスーパーに行く途中なので、正直、生活圏内で目新しくはないが、せっかくなので、気になるお店に夫婦で突撃してみることにした。

 

絶品ココア

まずは一軒目。かなり小さなカフェ、the Steamie(スチーミー)へ。

到底、西洋人が座れるとは思えない小さな椅子が並ぶ、かわいい感じの店内。若手芸術家を応援しているらしく、彼らが書いた絵、写真、陶器などが飾られている(実際、買うことができます)。

f:id:MScGS:20170613192032j:plain  f:id:MScGS:20170613192210j:plain

かわいい看板がある小さなお店

 

特に私のお気に入りは、陶器のマグカップで、実際ココアなどはこれに淹れられて出してくれるが、口当たりがよく、マグの巨大で丸っこい感じがまたたまらない。正直、帰る前にこっそり一個買って帰りたいと思っている。

 

f:id:MScGS:20170613192314j:plain

絶品ココアとこれまた美味しいマキアート

 

ココアに関しては、ここ数年で一番美味しかった。口当たりはふわふわしつつ、チョコとミルクがほどよく溶け合っている感じ。うん、めおとのグルメシリーズで初めてまともな食レポかもしれない。

 

が、ここで一つ問題が。横から夫婦でうまうまと呑んでいる姿を見た、我が家の小動物が、ココアに興味を示してしまったのだ。得意の甘え声で分け前をねだる。

 

「ママー?ソレ、ホシー💛」 (by 息子)

 

げ。 と思った顔がもろに出た私の妻は、ためらいつつ、言い訳を試みる。

 

「これ、大人の飲み物だから、苦いよ?やめといたら??」 (by 妻)

 

NO。ソレ、ホシー💛」 (by 息子)

 

最近、「大人の・・・」と親が言ったら、「ウマいモノだ」ということに勘づいている息子は、容赦がない。

 

「・・・。じゃあ、ちょっとだけだよ?」 (by 妻)

 

サンキュー・マッチ💛」 (by 息子、相変わらずveryは抜けている(参考記事))

 

ぐびり。明らかに息子の顔の大きさに迫るデカさのマグカップからココアを一口。

実はココアを飲んだのが生まれて初めてだったと思うが、衝撃が走ったらしい。

 

ぐびり。

 

ぐびり。ぐびり。ぐびり。ごくごくごくごく・・・。

 

ぷはあ、とご満悦の表情でマグを握りしめ・・・(予想どおりだが)離そうとしない。

 

「ちょっと、それママのだよ?返して!

 

No! No!! Nooooou!!!

 

・・・小さいお店で繰り広げられる、阿鼻叫喚の奪い合い。勝ったのはもちろん息子だが、ほとんど飲み干して奴は一言、こう言った。

 

モット・・・ホシー・・・💛」

 

アホかぁぁぁ!と狂暴化する妻を引き離し、泣きながら抵抗する息子を店から引っ張り出し、フェニンストン一回戦は終了した。

 

ちなみに小さいお店らしく、カード不可、キャッシュのみです。

地元のひとも朝からひっきりなしに入る人気店なので、留学される方、お住まいの方は気分転換にぜひ一度。

www.thesteamie.co.uk

 

かなり美味しいサラダ付きサンドイッチ

 

さて、前回の苦い?反省を踏まえ、息子抜きで最近行ってきたのが手作りサンドイッチを出してくれるカフェ、Piece。

 

言ってしまえばサンドイッチチェーンのサブウェイみたいなものだが、サンドイッチは多種多様で、自分で具材を選ぶこともできる。

 

私は、”ニューヨーカー”というハム数種類とチーズなどが載った典型的なのをチョイス。妻は”サラミナントカ”なる、サラミとオリーブ・バジルソースが程よく混ざったサンドをチョイス。ボリュームも結構あり、サラダが付いているのも嬉しい。コーヒーとの相性もよく、ここも地元の人がひっきりなしに入っている。お店のお兄さんもフレンドリーで、好印象。

 

f:id:MScGS:20170613223857j:plain

 

ちなみに店内が狭いので、持ち帰り(take away)にする方が店内(sit in)にするより1ポンドほど安い。上手な商売の仕方だ。

 

 

今回は横取りされることもなく、ほくほくとマグを占有する妻。

 

「ま、この企画は、やっぱりめおとのみがいいですな💛」

 

ははは・・・。

 

Pieceのお店情報はこちら。こちらはカードもOK。

Piece Glasgow

f:id:MScGS:20170613234309j:image

 

 

f:id:MScGS:20170613220154j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Sky from Oxford

イギリス留学、銀行口座は開くのか?@私の場合(グラスゴー、スコットランド)

 

 

 

こんにちは。リックです。今日は久々にまともに?留学お役立ち情報です。複数の読者の方から銀行口座に関するご質問をいくつか受けましたので、ここで回答をシェアしたいと思います。

*当然ながら、あくまで体験談ですので、ご判断は読者の皆様が適切に行ってください。当サイトでは一切金銭その他の損害に関する責任は負えません

 

学費の支払いについて、どのように支払ったか?(送金orクレジットカード)

グラスゴー大学の場合、my glasgow という個人のページが当てがわれますので、通常、そこで決済を行います。昨年の例だと、授業料決済が済まないと最終的な学生登録ができないようになっていました。

 

一般的にはクレジットカードか、こちらで口座を開いてからデビッドカードで引き落としが多いように思います。私の場合、学費を支払った頃はBrexitでちょうどポンドが暴落していたので、クレジットカードで払いました

額が大きかったので、それでクレジットカードのポイントを貯め、帰りの飛行機のマイルにしようとした、というのも一つの理由です。笑

 

クレジットカードの場合、限度額が設定されていたりして、場合によっては学費全額を賄えない場合があるようです。私のクレジットカードは、結婚や留学時に一時的に限度額を引き上げれるサービスがあったので、それを使いました。

送金も少し考えましたが、手続きが面倒くさいのと、以前、UKの銀行振替が大学に届かない事故があったみたいな話を聞いたことがあったので、利用しませんでした(真偽のほどは定かではありません)。

 

ちなみに、大学提供の学生寮に住む場合もそのシステムで払うのですが、私の場合、当初の学費や家賃はクレジットカードで支払い、最近ポンド高になってから行った家賃の更新は、渡航後に開いたデビットカードで支払いました(口座開設時の為替が1ポンド=137円だったため、今のクレジットカードレートより安い)

 

為替は最近140円くらいでふらふらしているようですが、もしクレジットカードを使う場合、決済日によって日本円での換算額が変わるので、ご注意ください(普段の買い物はそんなでもないんですが、学費だと差が大きく、10万円単位とかで変わることがあります)。私の友人の中国人は、渡航前に学費を送金(人民元からの送金)で支払ったそうですが、その後Brexit選挙でポンドが暴落してから、めっちゃ嘆いていました・・・。(私は、危ない賭けでしたが、暴落に賭けて支払いを待っていました。苦笑)

 

イギリス留学は大抵の場合1年で済むが、銀行口座は開くものなのか?

 
一概に言えないと思うのですが、一般的には、アジアから来ている学生はみんな開いている印象があります(欧州だとそもそも共通だったりするようです)。
 
私の場合は、クレジットカードは為替手数料が毎回1%ちょっとくらいかかるのと、そもそもの為替変動が怖かったので、バンクオブスコットランド(BOS)の口座を開きましたこちらのATMで引き出せる日本のキャッシュカード(デビットカード)も持ってるのですが、これも結局為替の影響と手数料を考慮して使っていません。(あと考えるとすると破綻リスクですが、これはどうしようもないので、なるべく入れすぎない、とかでしょうか。)
 
上にも書いたとおり、BOSの口座に日本から送金したときは1ポンド=137円くらいだったので、137円を下回ったらクレジットカードを使い、上回ってる限りはBOSの口座を使うようにしてます。ちなみにこちらのキャッシュカードは、英国の(銀行によっては欧州全体)どのATMでも原則、手数料無料なので、結構便利です。
 
なお、送金については、我が家の場合、為替変動に備えて、数回に分けて生活費を送金する予定でしたが、意外に最初の送金である程度賄えていることと、その後ポンドが高くなっていっていることから、最初のとき以来、送金してません。
 
お金の話なので、これがいい!というのは断言できません私の場合は、そんな感じです。
 
なお、私の友人、MBA生のY太はクレカのみで、お金を降ろすときはキャッシングを利用しているとのことキャッシングの方が手数料は安いみたいですが、為替の影響はもろに受けている印象があります。
ほかに、日本のキャッシュカード(海外のATMを使えるもの)だけ使い、必要なときだけ一気に下ろしている方もいました。別に不便はなかったようですが、敢えていうと手数料を気にすると細々引き出せないので、家に大金を置いている不安はあると言っていました
 

銀行口座、開くならどの口座?グラスゴーの場合

 
ちなみに、大学院留学生にとって、口座自体の開設は簡単です(留学生は大学が証明書を出してくれるため)。
 
前述のMy Glasgow からバンクステートメント(住所・在学証明のようなもの)を印刷し、パスポートなどと持っていくだけ。大抵はまず窓口で、口座を開設したいと言うと、「いついつ来てください」と言われるので、そのとき上の書類を持っていき、5分くらいで手続きは終わります。その後、1週間から10日くらいでキャッシュカード(大抵はデビット込み)が届きます。
大学によって違うとは思いますが、必要な書類はあまり変わらないのではないかと思います(事前に銀行のホームページなどで確認するか、アポを取るときに窓口で聞くといいでしょう。)。
 
 
私の場合、BOSを使っています。似た名前の銀行で、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)もあってややこしいのですが、RBSは口座管理手数料が毎月かかるので使いませんでした(*2016年6月時点)。BOSのキャッシュカードはスコットランドの風景が描かれていて、かっこいいです。笑 私のはオークニー諸島の巨石遺跡群が描かれています。
 
プリセッショナルにいると、TSBという銀行をよく中国人の友達に、「安心だ」と勧められました。彼らはだいたいバンク・オブ・チャイナ(漢字は中国人民銀行だったかな?)か、TSBを利用していました。別にTSBでも構わないと思うのですが、これからプリセッショナルに来る方は、一点だけ注意が。昨年の場合、中国人が同時期に大挙して同一の支店で口座開設を行っていたので、開設に時間がかかっていました。私は1週間でしたが、私のフラットメートの中国人たち(全員TSB)は4週間くらいかかっていました。
 
彼らの「ここがいいよ」口コミは割とアテになりますが、銀行に関しては、(TSBに限らず)注意深く聞きながら、彼らが群がるところは避け、かつ口座管理料がない銀行が無難かなと思います。
 
 
 
 
お金の話なので責任は負えませんが、多少、読者の方々の参考になれば幸いです。
 

f:id:MScGS:20170612200415j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): A Wall of Brasenose College, Oxford

迷友が帰っちゃった。〜クラスメートと寿司パーティー@グラスゴー大学〜

 

こんにちは。リックです。

スコットランドは梅雨のような季節になったのか、毎日微妙な雨模様です。

うっとおしい天気ですが、嬉しい知らせもありました。まずは、前にIELTSのくだりで取り上げた、役所時代の元部下のIさん(参考記事・IELTS対策編)。無事にスコアをクリアし、夏からウォリック大学へ行かれるとのこと。ああ、よかった。かなり忙しかったみたいですが、やっぱりIELTSは最後は根性でなんとかなる、という私の思い込みを強くしてくれました。笑 もうお一方、このブログの読者でもあるHさんがグラスゴー・カレドニアン大学にいらっしゃるとのこと。お二人とも、おめでとうございます。よかったよかった。

 

さて、来る者あれば去りゆく者あり。ついに私の一番の迷友が帰ってしまいました。

 

迷友、行く。

 

・・・と書くと、朝のワイドショーのテロップの「名優、逝く」みたいだが、別に死んだわけではない。このブログでも何度か取り上げ、一部に熱狂的な?ファンがいる私の親友・・・というとためらわれるけど、まあ親友でクラスメートで、ドイツ連邦軍の士官でもあるジュリアンがドイツに帰ってしまった。(参考記事・最高の迷友クレイジーキャンピング etc...)

 

私のクラスには、ドイツ軍からの派遣士官が何人かおり、ハンブルグの国防大学の修士課程から、交換留学で来ている。グラスゴー大の修士論文と、ハンブルグの修士論文を同時に2本出さなければならないため、結構この夏は大変らしく、長くグラスゴーにとどまってられないらしい。(他のメンバーはともかく、ジュリアンが真面目に勉強するのかは謎だが。)

 

ジュリアンは長身で金髪、軍人らしからぬさわやかな見た目とフレンドリーさで何かと仲良くしてくれたクラスメートで、何かと言えば呑みに行っていたため、すっかり私の妻からは悪友認定されていた。ちょっとぶっ飛んでいるところもあるし、他の士官と比べると不真面目さ全開だが、人懐こく、どうにも憎めない男だった。ふと思い返してみると、クラス会で最初にしゃべったクラスメートでもあり、一緒にキャンプに行き、しかも私と誕生日まで一緒だった。

 

彼もちょっと寂しかったのか、会うたびに「それで、ハンブルグにはいつ遊びにくる?」「カミさんはちゃんと許可出してくれるんだろうな?」「帰国する前に呑みに行こう!」。・・・かわいい奴だなあ、お前。そう思った私は、妻と相談し、最後にお別れ会を兼ねて寿司パーティーを開くことに。

 

怒涛の寿司パーティーと、嬉しいプレゼント。

 

ちょうど前の週に日本人学生のみで寿司パーティーを開き、かなり大変だったため、今回は万全の計画で臨み、招待する人数も減らそう!と話していたのだが、私が何の気なくクラスに打診したところ、なんと30数人いるクラスの半分以上が参加することになってしまい、当日、私と妻はほとんど何も食べれず、私たちの家族フラットはまさしく寿司詰め状態になってしまった。

後で妻からシバかれたのは、言うまでもない。

 

パーティー自体は、ある方のご親切で新鮮な魚が手に入ったこと、から揚げがバカ受けしたこと、パートタイム学生のオランダ人夫婦が小さいお子さん連れで来てくれたことなどもあり、大いに盛り上がった。国籍でいうと、ドイツ、オランダ、イギリス(スコットランド含む)、インドネシア、ノルウェー、スロバキア、ロシア、アメリカ・・・とスーパー・インターナショナル。ジュリアンと他のドイツ軍人たちのお別れ会だったが、楽しく雑談し、息子の相手も交代で見てくれ、改めていいクラスメートたちに恵まれた一年だったと思った。

f:id:MScGS:20170609193946j:plain

誰が食べるか、肝試しのような扱いで盛り上がった納豆軍艦。食べた人は結構美味しいと言っていた。

f:id:MScGS:20170609194213j:plain

麵以外は全て手作りのリック作ラーメン。18杯提供し、もはやラーメン屋か。

 

そして・・・。

ごほん、と咳払いして立ち上がったあの男。

 

「えー、ここで一言、私からリックの奥さんY、そしてその息子、われらがMくんに、一同を代表してお礼を申し上げたいと思います」 (byジュリアン)

 

「私はご承知のとおり、ドイツ人であり、冗談が苦手であります。かつ、スピーチはくどくどと長めですが、ご辛抱いただきたいと思います」

 

いつも冗談しか言ってねーじゃん、つーか早くしろ!というクラスメートたちの突っ込みをもろともせず、ジュリアンのスピーチは続く。

 

「今日は、奥さんのYさんが一日中、厨房に立ち、Mくんがニコニコしてくれているおかげで、この会が成立したのであります。リックがしたことと言えば、我々が到着したのを見計らって、さもさも寿司を握ったかのようなアピールをしていたに過ぎません」

 

げ。バレてる。

 

「しかもMくんは先週誕生日だったのだとか!・・・というわけで、今日はお二人に、私たちドイツ軍チームから感謝を込めて、プレゼントを差し上げたいと思います。Yさん、Mくんありがとう。・・・リック、お前にはないぞ。」

 

あ、そう。

結構な拍手のなか、ドイツの伝統お菓子マジパンが妻に、車のおもちゃが息子に贈呈される。つーか、マジで俺にはないのかよ。

 

私も他のクラスメートも若干本気で、何もないのだと思ったそのとき、ジュリアンの感動スピーチは続いた。

 

「・・・と、言うわけにも行かないよなあ。笑 これ、ずっとお前が欲しがってたパイプ。俺たちが持ってるのとお揃いのデザインだから。リック、今日まで本当にありがとう。」

 

と言って、パイプと、煙草の葉と、その他のセットを贈呈してくれた。

これは嬉しかった。妻がマジパンを食べたがってたこと、息子が誕生日だったこと、私がパイプを欲しがってたこと、どれも少し話に出ただけのことだが、ちゃんと覚えていてくれたことも嬉しい。

f:id:MScGS:20170609211454j:plain

ドイツ軍人たちからの嬉しいギフト。パイプを眺めているとにやにやしてしまいます。むふふ。

 

その数日後、私と、一緒にキャンプに行ったメキシコ人のペドロに見送られて、ジュリアンは帰国していった。授業期間が終わっても、何かと夜中にフラットに行って呑んだりしていたので、いなくなると寂しくなるなあ、と思っていたら、振り返って一言。

 

 

「リックー、ハンブルグ来いよー!この夏だぞう!絶対だぞう!」

 

 

はいはい。もうそれ、分かったから。笑

 

 

f:id:MScGS:20170609194427j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Town Centre of Falkirk

オックスフォード・スプリングスクール 早くも友人と再会(2) @モンゴリアン料理店

 

前回に引き続き、PhDのPくん(ドイツ人)がはるばるロンドンから訪ねてきてくれました。

会話よりも、今回は料理の方が印象的だったかな・・・。

 

 

モンゴル料理店で会いましょう。

 

Pくんは金髪ひげもじゃのドイツ人で、スプリングスクールでも人当たりがよく、コミュニティづくりのためにフェイスブックの同窓会ページも立ち上げてくれた。おかげで後から連絡を取りたいのに聞きそびれたひとともキャッチアップすることができた。

 

今回も学会だったらしいが、「グラスゴーといえばリックがいたな」と思い出してくれ、早速連絡をくれたのだとか。うーん、やっぱりこういうフットワークの軽さって大事だよね。私も貢献したく、グラスゴー在住のスプリングスクールメンバーに連絡を取ったが、運悪くみんな別の場所で学会だったり、プレゼンがあったりで、サシ呑みとあいなった。

 

Pくんはドイツ人で形式的にはノン・ネイティブだが、ネイティブばりに英語が上手で、スピードも速い。うーん、大丈夫かなあ?と思っていたが、さすがに私も1年近くグラスゴーで鍛えられたおかげか、なんとかかんとか談笑しながらいい雰囲気で終わることができた。

 

しかし、Pくんご推奨のレストランが・・・なんというか・・・今まで行ったことのないタイプのお店だった。

 

せっかくグラスゴーにくるので、どこか有名なパブでも・・・あ、そうだ「ポットスチル」に連れてくか?とか私なりに色々考えていたのですが、なぜかPくんからは「このモンゴリアン・レストランどうかな!?ビビッときそうじゃん??」というメールが。

 

そ・そうかなあ・・・。ホームページを見る限り、何か別の予感がビビッとくるのだけど・・・。まあでも、そう言うなら・・・。

 

路上でぶっ飛ぶおいしさ。

グラスゴーは相変わらずの梅雨模様。しとしとうっとおしい雨の中、速足で歩いたせいか、少し早く着いてしまった。お店の外観は、まあ、ちょっと怪しい。グラスゴーの東寄り、割と夜のバーやレストラン、ダンスクラブなどが立ち並ぶ、ちょっとガヤガヤしたところにあるのだが、前日にマンチェスター・テロがあったせいか、街は静かだった。

 

何より目を引いたのは、雨ざらしになっている立ち看板、というか黒板にチョークで大書してある殺し文句がまたやばい。

 

「ようこそ!路上でぶっ飛ぶおいしさです!」

 

 

・・・。

 

 

そこへやってきたPくん。立ち看板を一瞥すると、「これは・・・期待できそうじゃないか?」。

 

そう・・・ですか?

何を・・・期待しているのか、ちょっと分からないんですけど・・・。そもそも、路上じゃなくて店内で食べるんですよね・・・?

 

お店では、まず前菜を選び、その後、奥の厨房で好きな材料を選んでバーベキューしてもらうスタイル。前菜は、

 

いのししのギョーザ

 

ナントカ肉の・・・あまりおいしい感じがしない料理

 

ナントカのチーズの・・・以下同文

 

うーむ・・・、と思いながら、いのししのギョーザを注文。水餃子でも焼き餃子でもなく、揚げ餃子。これは、モンゴリアンスタイルなのだろうか。いや、きっと「なんでも揚げときゃOK」ないつものブリティッシュorスコットランドスタイルだろう。

f:id:MScGS:20170608213251j:plain

味は淡泊だが、思ったよりはさっぱりしていて美味しかった。

Pくんはナントカ肉の・・・を注文していたが、「うまい!」とご満悦。それはよかった。

 

その後の材料選びからのバーベキューもなかなか振るっていた。

怪しい魚からふつうの魚、いか、たこ、ほたるいか(丸ごと)、野菜、うさぎ、水牛、鹿、鳥(鶏ではない)などなどのちょっとためらう食材がずらり申し訳ないが、全く食欲をそそらない

f:id:MScGS:20170608213318j:plain 

f:id:MScGS:20170608213332j:plain 

f:id:MScGS:20170608213344j:plain

これらのゲテモノたちをボールにぶち込み、最後に好きなソースをかけて、厨房に渡すと、鉄板で焼いて運んでくれるというもの。私は全く冒険する気にはならず、割とまともそうな食材をチョイスし、ソースもオイスターソースをチョイス。

f:id:MScGS:20170608213913j:plain

この「ごたまぜ」の食材を日本の鉄板焼きのように適当に焼き、テーブルに出してくれるのだが、正直味は、まあ悪くはないというか、よく分からない味だった

 

あまりに独特なというか、ちょっと予想だにしなかった展開に押され、Pくんとの会話内容はあまり覚えていない。いや、そんなことはないし、貴重な情報はたくさんもらったのだけど、心のなかは「このモンゴリアン料理は(ブログの)ネタになりそうだ」という思いばかりが渦巻いていた。

 

 

最後に、(私は頼まなかった)いたく怪しげなお茶を気に入ったPくんは、そのお茶を個別買いし、ご満悦で店を後にしたのだった。

 

グラスゴーは、まだまだ奥が深い

こうして、ちょっと見方の違う友人が訪ねてきてくれたおかげで、自分では行かなそうなお店を開拓したのでした。もう行かないと思うけど。

 

「次はロンドンで会おう!いい店探しとくよ!」

 

にこやかに去ってゆくPくん。

うん!ありがとう!と私もにこやかに手を振りつつ、ロンドンに行く際の飲み会幹事は、別のひとに頼むかもしれないなと思ったのでした。

 

 

 

f:id:MScGS:20170608214000j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Town centre of Falkirk

オックスフォード・スプリングスクール 早くも友人と再会(1)@グラスゴー

どうも。リックです。

研究はいまいち進まないのですが、最近嬉しい再会がありました。偶然も重なって、オックスフォード・スプリングスクールで出会ったPhDのひとたちと、相次いでグラスゴーで食事することができました。(参考記事・オックスフォード・スプリングスクール

 

Kくん@グラスゴー大学PhD

Kくん、いや、Kさんというべきなのかもしれないが、彼は中国人でグラスゴー大学のPhDでビジネス専攻。スプリングスクールでの授業中に、グラスゴーからきているということで、仲良くしてもらった。

前も書いたが、このスプリングスクールにはグラスゴーから5人が参加していて、本来の国籍は違えど、郷土意識?もあって、コース中も固い結束のような親しみがあった。特にKくんとは「帰ったらお茶しよう」と話してたこともあり、課題が終わってちょっと落ち着いたタイミングを見計らって、大学近くの目抜き通り、Byrs Road(バイアス・ロード)の中華料理屋さんでランチすることにした。

 

かなりしっかりコース内容がコーディネートされているマスターコースと違い、PhDはほとんど自分で計画を練り、およそ3年で研究をまとめないといけない。長いし、どうやって生活に張りを得ているんだろう?というのが長らく聞いてみたかった。

 

思った通り、「いやあ、孤独との闘いだよ。誰も面倒みてくれないし、それはいいとして、誰も催促してくれない。笑 エッセイとか試験に追い回されている方が懐かしいと思えるよ。」

 

うーん。そうですよね。なんか、自分がそこまで自己管理できるのかというと、かなり疑問だよな・・・。

 

6ポンド前後で3つか4つ好きなメニューを選ぶ方式の中華で選んだ牛肉煮をつつきながら、話は進む。

 

私もいまの成績をつまびらかに伝えつつ、普段の生活やアプリケーションのときの話などを聞くことができた。詳しく書いても退屈な内容なのでここには詳細は書かないが、もしPhDに行くのであれば、「本当にそれがやりたくて仕方ないのか」は何回も自問自答してからチャレンジすべきだとアドバイスされた。実はこのアドバイス、他の元PhD(現・研究者)からも言われたことがあり、当たり前と言ってしまえばそれまでだが、やっぱり長い時間戦うことを考えると、マストな問なんだなあと思った。

 

ちなみにKさんは新疆自治区のご出身。おお、”あの” 新疆ウイグル自治区ですか!と反応したところ、「やっぱり”あの”が付くよねえ」と笑っておられた。ちなみにご本人は別に少数民族でも回教徒でもなく、単にそこ出身というだけとのこと。政治の話は深入りしなかったが、ほとんどカザフスタン寄りであることもあり、聞けば聞くほど、「よくもまあそんなところからグラスゴーまではるばると・・・」というのが正直な感想だった。

 

修了後は、新疆には戻らず、中国南部のにぎやかな都市で就職が決まったらしい。「PhD始めたころは、教員になりたいと思ってたんだけどねー、やっぱ3年という月日は長いよ。高給の誘惑に負けて、就職しちゃった。笑」。・・・まったく、色々考えさせられるな。

夏には帰国してしまうとのことで、またもう一度会えたらいいなあ。いや、彼が就職する都市には何人か仲のいい友人も帰郷するようだから、遊びに行く理由ができたのかもしれない。

 

 

知りたいことはグーグル先生に聞けば大体教えてもらえる時代だが、やっぱり生の情報はありがたい。ランチはおよそ1時間半くらいだったが、得た情報は質量共に大きかった。

 

ああ、楽しかった、とお腹を叩きながら大学に戻って歩いていたところ、同じくオックスフォード・スプリングスクールで一緒だったドイツ人のPくんからメールが。

 

「来週、グラスゴーで学会なんだけど、空いてたら呑まない?」

 

おお。こういうのってまとまってきますね。

そりゃあもう、ぜひぜひ。(続く)

 

 

f:id:MScGS:20170607002314j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Wheel Canal System, Falkirk, Scotland

スコットランドテレビ局のイケメン記者さんに会う。@グラスゴー

 

 

こんにちは。リックです。
授業は全部終わってしまい、やることはいっぱいあるのですが、どうも生活のペース、というか研究のペースが乱れてしまい、やや苦戦しています。

(大変悲しいことに、英国内でまたテロがありました。犠牲になった方のご冥福をお祈りし、想うこともたくさんありますが、ここではコメントせず、敢えて淡々と普段の生活を書かせてもらいます。)

 

そんな中、また貴重な機会というか、地元のテレビ局の記者さんとお話する機会がありました。

 

親友に頼まれて。

 

このブログでも何度か言及している、中国人の梁(リャン)くんから、一風変わったメールをもらった。彼はプリセッショナルコースで最初に友達になった外国人であり、今ではほとんど親友のようになんでも語り合える仲になっている。そんな彼からのメールは・・・。

 

「なあリック。実は修士論文の関係でテレビ局の記者さんにインタビューしなきゃいけないんだけど、どうも英語に自信がないというか、初めてで緊張するので、一緒に来てくれないか」

 

私はこのメールをもらって、正直、「へえ」と思った。

 

ハッキリ言って、梁くんは大学で出会う多数派の中国人とは雰囲気がだいぶ違う。まず群れないし、英語も上手だし、”外国人”とのコミュニケーション能力も高い中国で名のある民間企業で数年働いて鍛えられたこともあり、バランス感覚もとてもいい。まあ、だからこそ私は彼とずっと仲良くできているわけで、要するにインタビューなんかで緊張するタイプじゃないと思ってたので・・・「へえ」、と思った。

 

しかしこういう場合、中国人は・・・いや中国人に限らないかもしれないが、同胞に頼るのが普通なので、日本人である私に声をかけてくれたのは素直に嬉しかった。スコットランドテレビ局(STVという、BBCとは違う民間企業)も行ってみたかったので、二つ返事でOKした。

 

イケメン記者さん

 

やったやった、テレビ局に入れる、と喜び勇んで準備していたところ、「いつものスタバ集合で」というメールをもらい、あれ・・・?とちょっとイヤな予感がしていたが、いや、きっと集合場所がスタバであるだけに違いない!と信じて行ったところ、やっぱりインタビュー場所もスタバだった・・・。

 

 

「梁よ・・・テレビ局の人って言うから期待してたのに、スタバかよ。これちょっと詐欺っぽくない?」(by私)

 

「いいや?だってテレビ局に行くとは行ってないだろ。騙してないよ・・・黙ってただけで。笑」 (by 梁くん)

 

 

むう。まんまとハメられた感じもするが、まあいいや。

 


待ち合わせに現れたSTVのGさんは、ブラピをちょっと若くしたようなイケメンだった。紺のスーツに薄いブルーのシャツを着てノーネクタイ。うーんカッコいい。短パンにTシャツの私たちとは大違いだ。

シティセンターにあるグラスゴー・カレドニアン大学のジャーナリズム専攻を卒業し、キャリア10年以上のベテラン記者さん。


早速インタビューが始まり、用意した質問を次々と聞いていく梁くん。いつもクールだが、さすがに緊張しているらしく、少し声が上ずっている。ちなみに、さすがに「英語に自信がないから」と言っては舐められかねないので、私は、「ジャーナリズムとSNSに興味のある友人」ということになっている。

 

緊張していても流石は我が親友。質問の内容はわかりやすくまとめられているし、Gさんもテキパキと答えていく。私も横で聞いていて楽しくなってきてしまい、自分の興味本意の質問もさせてもらったが、快く答えてくれた。なによりGさんは、グラスゴーの近くのリビングストンの出身らしいが、エリート層らしく、英語が超きれい。正直、スコットランドでは英語に自信があろうがなかろうが、「スコティッシュ訛り」がひどければイングランド人でさえ聞き取れないと言われるくらいなので、この点は梁くんにもよかっただろう。

 

何より、やっぱりプライドと情熱を持って働いている職業人はかっこいい

 

緊張の時間も終わり。

 

1時間半くらい続いたインタビューでは、攻守ともに熱意ある意見交換がなされ、私もとても楽しかった。私は修士論文で(正式な)インタビューは予定していなかったが、横で聞いていて、自分もちょっとやりたくなった。

 

緊張の時間も終わり、二人ともお腹はペコペコだったため、バンクストリートのパブでパブ飯することになった。好きなものを頼んでくれい!という太っ腹な梁くん。そんないいのにー、と言いつつ、一番高いチーズベーコン・バンクストリート・ナントカ・バーガーをチョイス。ありがとう!梁くん!

 

今日のはなかなか楽しかったよね、と二人で盛り上がり、ギネスで乾杯。
Gさんのコメントについて二人で吟味しつつ、私からも思ったことをコメント。あんまり考えたことなかったが、きっとこれくらい気が合う相手とだと、共同研究とかも楽しいんだろうなあ。残念ながら梁くんと私は分野が違うが、正直プリセッショナルで初めて会ったとき、ここまでお互いの関係が成熟するとは思わなかった。

お互い帰国するまで、もう数ヶ月。こうして一緒にパブ飯できる回数も少ない。考えると寂しいなあ。

 


他人のインタビューだが、大いに刺激され、やっぱ親友の頼みは聞くものだなと思った。しかし・・・ライバルはもうインタビューしてるのかぁ。汗

 

 

振り返って私はといえば・・・基礎的文献で四苦八苦している。ああ・・・。涙

 

f:id:MScGS:20170524223650j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Clyde River Crane

めおとのグルメ。グラスゴーの美味しいお店 ーThink Global, Eat Localなお店ー

 

こんにちは。リックです。

今日はめおとのグルメ編。クラスメートに勧められてずっと行きたかったお店に行ってきました。

 

Think Global, Eat Localな地元のお店。

フレンドリーで何かとこの留学中助けてもらった地元スコティッシュのクラスメートPから勧められて、行ってみたかったお店に行ってみた。Pには「美味しいスコティッシュ料理の店を教えてくれ」とお願いしていたのだが・・・、

 

内装もお洒落で、つかの間の太陽をエンジョイしたい地元人たちは道に面したテラス席で 優雅にワインやビールを飲んでいる。

 

さて、店に入り、真ん中の中央テーブルに座したわたしたち夫婦がメニューを見ると、

 

「ナシゴレンって書いてあるんだけど、"あの"ナシゴレンだろうか。」(by 妻)

 

「いや、ローカル料理の美味しいお店って言ったんだけど。たしかに、ナシゴレンって書いてあるね。なになに・・・焼いた卵やベーコンを乗せた、炒めたご飯・・・。うん、”あの”ナシゴレンだな。」(by 私)

 

よく見ると、ハギスやフィッシュ&チップスなどのローカル料理もあり、メニューには、Think Global, Eat Localという文字が踊っている。

 

要するに、メニューは世界中から美味しいものを考え、食材は地産地消で、ということらしい。あらまあ、という感じもしつつ、店員さんは感じがいいし、何より地元クラスメートのおすすめなので、きっとおいしいに違いあるめえ。

 

というわけで、日本を出国してしばし"ナシゴレン"的な料理を食べていない私は迷わずナシゴレンチョイス。妻は、「カレドニアンなんとか」のフィッシュ&チップスをチョイス。カレドニアン、を冠する以上、たぶん地元の魚なんだろう。フィッシュ&チップスといえば、ハドック(日本で言うタラの一種)やコッド(違う魚と見せて実はこれもタラ)が主流なので、地元の魚で作られるとどんな味なのか、興味津々だ。

 f:id:MScGS:20170516200045j:image

ナシゴレン。日本のと違って、ポーチドエッグ的なものがちんまりと乗っかっている。

f:id:MScGS:20170516200102j:image

カレドニアン・ナントカのフィッシュ&チップス

 

ナシゴレンはちょっと辛かった(しょっぱい)が、イギリスで食べるものとしてはまあまあ。値段相応というところか。乗っかっているエビがプリプリで、意外にこういうのはイギリスではあまり食べれていなかったので、嬉しい。

 

フィッシュ&チップスの方は、衣がさっくりしていて、身の方は臭みもなく、あっさり揚がっていておいしい。結局、どんな魚だったのかというと・・・。

 

「うん。まあ・・・これも、タラですな。」 (by 妻)

 

結局、タラかよ。ちなみに、これまで地元のお店のひとたちから集めた情報を総合すると、主にコッドはイングランドで食され、味はややコッテリハドックはスコットランドで好まれ、味はややスッキリで甘めなんだとか。あれ、コッドとハドック、説明が逆だったかな・・・。ちなみに、魚は大抵ロシア産だそうです。

 

なんだか、熊本の馬刺しが大抵カナダ産で、仙台の牛タンが大抵オーストラリア産だという噂を聞いた時並みにショックでしたが・・・、まあでも、美味しいですよ。

 

 

その後、せっかくの日差しと、課題が全て終わった開放感をエンジョイすべく、大学近くの屋外パブで昼ビール。多くのスコティッシュたちがどこからともなく現れて日光を楽しんでいるなかに混ざり、幸せな休日の午後でありました。

f:id:MScGS:20170516200117j:image

大学付近で人気の屋外パブで地ビールのテナンツをチョイス。安いがマズいとクラスで酷評されていたが、最近は無意識にチョイスしてしまう。スコットランド人化してきたのだろうか。。。

 

お店情報

 

今回ご紹介したお店は、こちら。

Stravaigin(レストラン)

www.stravaigin.co.uk

 

Jintys(パブ)

www.jintys.co.uk

 

両方とも、グラスゴー大学からは歩いて5分くらいです(方角は正反対)。打ち上げ気分なときには、ぜひ一度。

 f:id:MScGS:20170516200140j:image

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): A Street in Oxford