Hi, there. Glasgow

Study in Scotland

留学!ブログリレー。 @グラスゴー大学

留学ブログ、はじめました

 私が英国の大学院に留学するにあたり、大変お世話になっていた「英国MBAへの挑戦ブログ」が、執筆者であるtomoさんの帰国を機にクローズ(縮小?)することになり、彼のブログに大変お世話になった私が後を引き継ぐことになりました。

 

 まったくブログなど書く気はなかったのですが、ウエストエンドにあるイタリアンレストランにて、帰国目前のtomoさんに「リレーブログって面白くない?僕のブログ引き継がない?」とそそのかされ、まんまと書き始めることに。

 

 そんな人間が書くブログですので、面白いのか、そもそも続くのか、どうなるものやらわかりませんが、このブログでは

 ①留学(主に英国)に向けた準備

 ②IELTS攻略

 ③留学生活あれこれ

 ④グラスゴー、スコットランドのあれこれ

をご紹介しようと思っていますので、私が次の走者にバトンをタッチするまで、ぜひお付き合いいただけたら幸いです!

はじめまして

 さて、はじめまして。このブログを執筆しているリックです。もちろん日本人ですが、各国の留学生たちから呼ばれているニックネームで、このブログを書こうと思います。

 

 簡単に自己紹介させていただくと、私はこの4月に日本の中央官庁を退職し、グラスゴー大学の大学院に留学している31歳です。MBAで留学されていたtomoさんと違い、わたしは「国際関係学」の修士課程にきています(本当はもう少しマニアックなテーマなのですが、わかりにくいのでこれで。)。

 ※グラスゴー大学(University of Glasgow)とは。

 

 6月から大学に開講されたプリセッショナルコース(いわゆる語学学校)に通い、今月から修士課程の授業が始まりました。幸い家族の理解が厚かったため、先週からは妻子も合流し、留学生として、またパパとして、忙しい日々を送っています。

このブログでは

 上にも少し書きましたが、私自身、留学にあたってはわからないことだらけでした。妻が英国への留学経験があり、また役所の先輩も公費留学された方が多かったので、一般の方よりは知識は多かった方だと思います。それでも、役所を辞めてまで留学に飛び込むにあたって、

  IELTSってどうしたら点が伸びるんだ・・・

  どの大学を受けたらいいんだ(というか受かるんだ)・・・

  自費で受ける場合、資金証明って・・・

  終わってから就職できるだろうか・・・

  入試エッセイの書き方は・・・

  推薦状は・・・

  ビザは・・・

と、準備の段階段階で、わからないこと、悩むことだらけでした。また、そもそも現地の様子もよく分からないまま、行き先を決めなければなりませんでした。

 

 そんななか、グラスゴー大学に行こうと決めつつ、「グラスゴーって治安悪いイメージがあるな、家族で行って大丈夫だろうか?」と考えていたおり、背中を押してくれたのが、tomoさんのブログでした。彼のブログでは諸手続のやり方や迷ったこと、困ったこと、嬉しかったことなどが等身大で書かれていたので、ずいぶん背中を押してもらいました。

 

 いきさつで、その精神を引き継ぐ(?)ことになりましたので、私もできるだけ、これから留学を目指すひとたちの背中を押せるような、そしてできれば私の、私たちの愛するスコットランドへ留学したいと思っていただけるような記事を書けたらと思っています。

 

それで・・・。

 さて、そんなことで書きたいことはたくさんあるのですが・・・、先週から修士課程の授業が本格的に始まってしまいました。

 

 私のクラスは25人ほど学生がおり、公的セクター、民間セクターのプロフェッショナルが7割、各国の名門大からの学部(undergraduate)からの進学が3割います。そして、全体の95%くらいは欧米出身、2人がインドネシア、英語がへたくそなのは日本人1人(私)だけ、というスーパーインターナショナル!(by カナダ女子)なクラスです。

 

 さらに、毎週履修している各クラスに向け、英文資料60〜90ページ×履修クラス数を読み込み、プレゼンを準備し、社会統計ソフトをいじくり、4000語のエッセイ×3本を1学期中に終わらせるという、なかなかハードな授業構成となっています。

 

 つまりその・・・それで、既にいっぱいいっぱい感が漂ってきていますので、初めての記事投稿はこのへんにしたいと思います。次回は留学準備の話か、グラスゴーの話か、どちらか書きたいと思っています。

 

 それでは、私のブログ"MSc Glasgow Studies"、どうぞ宜しくお願いします!

 

f:id:MScGS:20160921144158j:plain

Photo by Rick(All Copy Rights Reserved); Kevingrove Museum