読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hi, there. Glasgow

Study in Scotland

お祭りいろいろ @グラスゴー大学

 

どうも、リックです。 

 

 イギリス(スコットランド)に留学して、というかここ数週間で、一番面白かったのはやたらと多国籍にお祭りが集中したこと。まずは9月15日付近に中国人たちが開催していた中秋祭(Mid-Autumn Festival、中国語では中秋節?)、そしてドイツ人たちが開催したオクトバーフェスト(October Festival)、そしてギリシャ人主催のネームデー。沢山のお祭りが、つまりそれにかこつけた呑み会が開催されたのでありました。

中秋祭

 中秋祭は要するに日本で言えばお月見のノリに近いが、15日を中心にいそいそと中国人たちが料理を持ち寄ってお祝いする。すごいなと思ったのは月餅まで手作りしている子がいたことだ。一体イギリスでどうやって作ってるんだ!?笑

・・・と、そこまでは他人事として眺めていたら中国女子のHからメールが。「リックも含めて皆をうちに呼んでお祝いしようと思っていたのに、急な事情で引っ越してしまって・・・泣」。

 

  どんな事情だよ。

 

と思わなくもなかったが、まあ、我が家はスペース広いし、使っていいよと快諾。

 正直、料理に関して英国にきて一番すごいと思ったのはフィッシュ&チップスでもハギスでもなく、中華料理だ。というか、中国人学生たちの料理能力だ。特に女子はすごい。

 4時に我が家集合!と言って4時半や5時に到着するのは、まあいつものとおりとして、スペアリブの煮込みやら激辛四川料理やら持ってくるわ持ってくるわ(しかも仕上げはうちのキッチンを使用)。 

 

  そしてこれがまた、うまい。

  めちゃくちゃうまい。実は本業は料理人なんじゃないか。

 

 この日は夏の語学コースで一緒だった友人たちが集まったが、女性率の高いクラスだったこともあり、スコットランドにきてストレス過剰気味だった息子も、綺麗なチャイナガールたちに囲まれて何やらご満悦だった。英語と中国語と日本語が飛び交う状況でも特に混乱しないのだから、言葉を話せない分、赤ちゃんは何か特殊な能力があるのだろうか。

 お祭りと直接関係ないが、中国人の友人たちはIKEAから家具を運ぶのを手伝ってくれたり、息子のことも可愛がってくれたりと、何かと助けてもらったり、逆に助けたり、いい関係になれて本当によかった。 

オクトバーフェスト

 さて、そんなこんなで週末の一日を潰してしまい、キャッチアップすべく図書館にこもって論文を読みふけっていると、今度はドイツ人のクラスメートJからメールが。「これからオクトバーフェストあるんだけど来ない?」。えー、せっかく調子出てきたのに、そんなの今から言われても・・・

 

   Re: すぐ行きます


 グラスゴー大学にはGilchrist Post Graduate Clubという修士課程と博士課程に在籍する学生だけが利用できるパブ兼カフェがあり、よく学生同士の打ち合わせでも使っているのだが、学内のジャーマンソサエティ(ドイツ人互助会?)主催でオクトバーフェストをするとのこと。

 日本人はもちろん、大情報ネットワークを持つ中国人の友人からも聞いたことがなかったので、「へえ、そんなのあるんだ」と顔を出したところ、いつもは適度に席が埋まっているだけのクラブが西洋人たちでいっぱいに!別に締め出されてるわけじゃないだろうが、いつも何かとわんさかいる中国人をはじめ、アジア人たちはほとんど見かけなかった。

 しかし、ここで一つ疑問が。

 

   「オクトバーじゃなくない?」 

 

 ああ、それはね。とおもむろにクラスメートのドイツ人たちが解説してくれた。オクトバーフェストはオクトバーと冠しているものの、正式には9月の第3週だかにやるのだとか。なにやらいい加減だなあと口にしかけたところ、フィンランド人から「日本はなぜか4月とか5月に東京でやってるよね」と指摘されてしまい、だんまりを押し通したのであった・・・そういえば日本の方がいい加減かもしれん・・・。

 まあ、途中でビールがあっさり売り切れてしまったり、プレッツェルは全然美味しくなかったと、英国らしさ満載のフェストでぶーぶー言いつつも、アメリカ人、オランダ人、メキシコ人、エジプト人etc etcと新たに友達になり、なかなか楽しい夜だった。 

乾杯もいろいろ

  ・・・だった、というかそのままパブになだれ込み、さらにギリシャ人のお祝いであるネームデーなるお祭りにも誘われたので、その夜はなかなか過去形にならなかったのだが、ネームデーについては、またそのうち機会があったらこのブログに書いてみたい。(実態はビールの消費量が増えただけなので、書かないかもしれない。 )

 

 お祭りもいろいろだし、乾杯も、チアーズ(英・米)!プロースト!(独)ティンティン(伊)!、スランジ・バー(スコットランド・ゲール語)、ガンベイ(中)!といろいろ。呑んでばかりでもいられないが、異文化交流も貴重で楽しい留学のSide effect。 

 いつも何かと誘ってくれるクラスメートや友人たちに、感謝。

 「英語力のためにもコミュ力のためにも、そういうのは大事だから積極的に行くべし」といつも快諾してくれる妻にはもっと感謝。

 

 さあ、それでは勉強だ。ええと、来週までに読み終える論文は・・・え?あらたに数百ページ?くう・・・。

 

f:id:MScGS:20160927180309j:plain

Photo by Rick(All Copy Rights Reserved): Mid-Autumn Festival's Dishes