読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hi, there. Glasgow

Study in Scotland

家族で初詣にゆく@グラスゴー大聖堂

 

改めまして、明けましておめでとうございます。

昨年はこの拙い文章のブログをお読みいただきまして、ありがとうございました。

今年も、これからセメスター2、修士論文ということで、精一杯頑張りつつ、ブログも(なるべく)更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

大晦日ホームパーティー

グラスゴー7(グラスゴー7については、こちら)の一人、Yちゃんと偶然図書館で会った際、「いやあせっかくなら皆でおせちでも食べたいですよねえ」という話になったのがきっかけだった。まあ、おせちは無理としても、近所に住んでる日本人に我が家に来ていただいて、日本食(風なもの)で年越しもいいかな?と妻と相談したところ、じゃあやろうということになった。

 

当日、家に来てくれたのは家の近くに住む、くだんのYちゃん、それとは違うYさん、そしてMBA生のY太だった。・・・Yだらけだね。巨大・中華スーパーマーケットのSeewooで買い込んだ食材を駆使し、巻き寿司、おでんなどなどが所狭しと並び、私が近所の魚屋で発見したスコティッシュいくら(サーモンエッグ)と、Y太がロンドンで買ってきてくれた銘酒・獺祭が華を添えてくれた。

 

そして、私が一番PRしたいのは、こちら↓。今回初めて作ってみたラーメン

      f:id:MScGS:20170516211008j:image

豚・鶏・煮干しなどを煮込んでスープを一から作り、卵やチャーシューも作った。正直、めちゃうまかった。もし、修士課程が終わって就職できなかったから、グラスゴーでラーメン屋を開いてもいいくらいだ。残念ながら、もう一人くる予定だった日本に留学経験のある中国人のAちゃんはこれなかったが、「年越し(中華)そば」ということで、にぎやかに、麺をすすりながら年を越すことができた。

 

初詣、行きますか。

しかし、賑やかで本当に楽しい年越しだったが・・・、どうも年を越した感じがしない。やはり紅白やカウントダウン、あのめちゃめちゃうるさい正月のバラエティ番組やコマーシャルがないからだろうか。きまぐれにYoutubeで紅白にアクセスしたり、日本のCMにアクセスしてみるものの、そこかしこにPico太郎がいて、虚しさは募るばかり・・・

 

「んじゃあ、まあ、初詣でも行くか」

 

我ながら、名案だったような気もするが、せっかくなので初詣に、そしてせっかくなのでまだ行っていないグラスゴー大聖堂に行くことにした。余談だが、我が家では妻と付き合ってから結婚し、出産にいたるまで、仕事の都合やらなんやらで引越ししまくりだったため、毎年初詣先は変わっている。

 

 2014 湯島天神(東京都)

2015 白山神社(新潟市)

2016 白山神社(東京都)※白山違いです。

2017 Glasgow Cathedoral(Scotland)

 

相当節操がない感じだが、「神様に軽重なし!」という妻の、訳のわからん断言のもと、ご当地主義が続いている。今回、ついに宗教までかわったよ・・・。まあ、日本人たるもの、宗教には柔軟ですからね。

 

信じられないほどの抜けるような青空に恵まれ、かつやっぱり人が少ないので、無事に正月気分でグラスゴー市内をぶらぶらと散歩し、大聖堂までたどりついたのだった。この大聖堂のあるイーストエンド付近は、実はもともとグラスゴー大学が設立された場所だ。後のスラムクリアランスか何かで現在のウェストエンドに移転したが、本当は、こちらが本家らしい。現在は分家のStrathcryde大学が居を構えているのが、また因果を感じさせる。言うだけあって、とても趣のあるエリアで、裏手にはエジンバラのヒュームの丘と見紛うような立派なネクロポリス(墓地の丘)がそびえている。

f:id:MScGS:20170103224255j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Glasgow Cathedoral

 

f:id:MScGS:20170103224557j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Glasgow Cathedoral 2

 

私のプルーフリーダーである英国人のJじいさんからは、グラスゴーで一番の名所は「それハねくろぽりすデスネ」と言われ、なぜ墓場??と思っていたが、確かにすごい絶景。たぶん市内では一番標高も高く、360度見渡せる素敵な場所だった。

 

なんとなく深夜まで続いた大晦日の酒盛りで力尽き、元日は寝て過ごしたため、青空の下、家族で新鮮な空気を吸ってリフレッシュできたのでした。よし、今年も頑張ろう!まずは、セメスター2、頑張ろう!

 

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2017.1.3. Rick

 

f:id:MScGS:20170103225007j:plain

Photo by Rick (All Copy Rights Reserved): Necropolis, Glasgow